わたしは幼保無償化の対象?「幼保無償判定ナビ」をご活用ください。

教育・保育施設、地域型保育の保育料の減免

[概要]

富士河口湖町では、同一世帯から複数のお子さんが同時期に、保育園(保育所)、幼稚園、認定こども園など、対象となる施設を利用する場合に、年齢が下のお子さんの保育料を減免しています。

平成29年度の国の取組みにおいて、所得割課税額が非課税の世帯は第2子以降無料となり、所得割課税額が5万7700円未満(6階層以下)の世帯は、従来の多子軽減における年齢の上限を撤廃し、第2子半額、第3子以降無料となり、ひとり親家庭等の世帯で、所得割課税額が7万7101円未満の世帯は、第2子以降無料となります。
また、山梨県の「やまなし子育て応援事業」においては、所得割課税額が16万9000円未満(9階層以下)の世帯で、満3歳未満の子どもに対して、第2子以降無料の事業が開始されます。この事業に該当すると思われる世帯は、町への申請が必要になります。※申請書は保育所を通じて配布します。

[支給内容]

幼稚園では、年少から小学校3年生までの範囲内にお子さんが2人以上いる場合、最年長のお子さんを第1子、その下のお子さんを第2子とカウントします。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。

保育所では、小学校就学前の範囲内にお子さんが2人以上いる場合、最年長のお子さんを第1子、その下のお子さんを第2子とカウントします。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。
※上記概要の国及び県の条件を満たしている場合は、年齢制限を撤廃し、第2子以降減免の対象となります。

[対象者]

兄弟姉妹が2人以上で、かつ、幼稚園、小学校、保育所に兄弟が同時入所しているお子さん
※上記概要の国及び県の条件を満たしている場合は、同時入所は関係なく、第2子以降減免の対象となります。

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[申請期日]

入所申込み時、入所時

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく